東京・新宿で教会をお探しの皆様[淀橋教会公式ブログ]

第60回「がん哲学外来 メディカル・カフェ@よどばし」

祝 5周年! 記念すべき「第60回 がん哲学外来 メディカル・カフェ@よどばし」が祝福の中、実施されました。 樋野先生、本当にありがとうございました!これからもよろしくお願いします! どんな人も、靴を履いて出かければ(カフェに身を置けば)、無料で「言葉の処方箋」を頂ける場所☆副作用ゼロ!即効性有! 安心できる(ホッとできる)「新しい居場所」として、くつろいで頂けるようにスタッフ一同備えて参

「がん哲学外来 メディカル・カフェ@よどばし」 ブログ

毎回の様子がこのページでご覧いただけます! 2014年7月6日(日) 待望の「がん哲学外来 メディカル・カフェ@よどばし」がスタートしました! 「がん哲学外来 メディカル・カフェ」という言葉にあまり聞き覚えがない方もいらっしゃるのではないでしょうか。 “一般財団法人がん哲学外来”には以下のように記されています。 ―――――――――――――――――――― 多くの人は、自分自身又は家

愛による全面受容と心の癒しへの道(120)

峯野龍弘牧師 第7章 「ウルトラ良い子」を健全に育てるための「アガペー育児法」 Ⅳ、第四期 思春期・青年前期(前回からの続き) さて、概略ながらここに至るまで「アガペーによる育児法」もしくは「子女教育」について解説してきましたが、いよいよ「青年期の教育」についてこれまた概略して本書を結ぶことにしよう。 一口に「青年期」と言ってもそれを厳密に規定することは難しく、一般的に言ってそれは時代によ

愛による全面受容と心の癒しへの道(119)

峯野龍弘牧師 第7章 「ウルトラ良い子」を健全に育てるための「アガペー育児法」 Ⅳ、第3期 7歳から12歳までの児童期の教育(前回からの続き) C、後期児童期 さて、いよいよ児童期の最終期を迎えました。この時期を後期児童期と呼んでいますが、概ね9歳もしくは10歳頃から12歳位までを指しています。 この頃ともなると徐々に外面的、具体的なものから離れて、内面的、抽象的ものに関心が移り、更には

第59回「がん哲学外来 メディカル・カフェ@よどばし」

 大型連休を超えての「@よどばしカフェ」がスタート。  令和の時代がスタートし、色々と物事が新しくなっている時代、新緑も美しくなってきましたね。  一方で変わらない「現実」もありますが、一日一日小さくても大切に愛をこめて歩んでいる中に、「良き出会い」によって、現実は変わらなくても、新しく見方も変わってきますね☆悩みの優先順位が変わりますね☆今回も、沢山の言葉の処方箋を頂きましたので、お分かちさ

愛による全面受容と心の癒しへの道(118)

峯野龍弘牧師 第7章 「ウルトラ良い子」を健全に育てるための「アガペー育児法」 Ⅳ、第3期 7歳から12歳までの児童期の教育 さてそこで第3期のいわゆる「児童期」と呼ばれるこの時期の「ウルトラ良い子」に対する育児法について概略述べてみましょう。この時期は、更に「前期児童期」と「中期児童期」、そして「後期児童期」とに区分することができます。 A、前期児童期 そこで先ず、前期児童期について言

第58回「がん哲学外来 メディカル・カフェ@よどばし」

 二度とない「今日」を大切に生きて行きたい・・・。きれいな青空と温かい気候を与えられ、カフェを祝福してもらっているような感じでした。  今回は大手テレビ局の取材も入りましたが、それぞれに良き時を過ごせたようで良かったです。  ちなみに、会が始まる前に、がんとの共存を数年経験し、走りぬくべき行程を立派に走りぬき、沢山のプレゼントを後世に残して下さった方のご葬儀も行われていました。葬儀に参加された

アガペーCGN第88次:3月24日(日)~29日(金) 岩手県大槌町、宮城県気仙沼市、七ヶ浜町

  三陸鉄道リアス線163Km(盛~久慈)は、3月23日に運航開始イベント、24日一般乗車開始。今回お会いした多くの地元の人たちとの話題で共通していたのは「鉄道の復興は一つの希望のシンボルです」という声でした。 また、三陸道、釜石道もさらに拡張工事が進み、今では大槌から宮古や花巻まで、高速道路であっというまに移動できるようになりました。震災直後は、野生の鹿たちを見ながら、電柱

愛による全面受容と心の癒しへの道(117)

峯野龍弘牧師 第7章 「ウルトラ良い子」を健全に育てるための「アガペー育児法」 Ⅳ、第3期 7歳から12歳までの児童期の教育 さて、アガペー育児法の最後は、6,7歳頃から12歳ぐらいまでの主として小学校時代の子供たちの教育に関してです。子供によって個人差があるので厳密な年齢割をすることが出来ませんが、筆者は一応7歳から12歳までを目安としています。肉体的、精神的には、いわゆる思春期前の児童期

第57回「がん哲学外来 メディカル・カフェ@よどばし」

    今回も初来会の方を複数お迎えし、東西南北から参加者を与えられ感謝でした! スタッフ達は、「空っぽの器」とお茶とお菓子を用意しながら、毎回、『今回はどのような人たちが参加して下さるかなあ♡』とワクワクしながら準備しています。  超ご多忙なのに暇気な風貌で私たちに「言葉の処方箋」を下さる樋野先生も、いつもにまさる格調高い講話を処方してくださいました!  さて、今回も参加したくても、参加すること