東京・新宿で教会をお探しの皆様[淀橋教会公式ブログ]

2017年5月のおもな予定

新しい環境に慣れられましたか? 5月もよろしくお願い致します!   5月7日(日) 10:30 愛のスペシャル礼拝  聖餐式 16:30 ゴスペルワーシップタイム       5月11日(木) 13:30  第35回「がん哲学外来 メディカル・カフェ@よどばし」 講師:順天堂大学 樋野興夫       「病気

アガペーCGN第80次:4月16日(日)~21日(金)  岩手県大槌町、大船渡市、陸前高田市

今回は、大槌町内の各所訪問がメインの働きでしたが、最近あまり訪問できなかった大船渡市や陸前高田市の各所訪問も実現しました。昨年までは1ヶ月訪問しないと、道がコロコロ変わって、「訪問地が見えていても、工事による臨時の『行き止まり』だらけでなかなか到着できない」状況でした。今回は3ヶ月ぶりの訪問でしたが、各地域の「声かけ役」の人たちがほぼ皆さんごそっと辞めておられていてびっくり仰天でした!複雑な気持ち

第34回「がん哲学外来 メディカル・カフェ@よどばし」

今回は、小学校の入学式や「花見」などのために参加できなかった方が、連絡あった方だけでも5名おられました。外に出て行けるまでに回復しておられることに心より感謝しました。他にも、体調不良のために参加したくても参加できなかった方がおられますので、今回の宝石のような樋野語録をおすそ分けいたします。   まずは、皆さんで「365日の紙飛行機」の歌詞をかみしめて熱唱致しました! 実は、樋野先

2017年4月のおもな予定

年度初めですね! フレッシュな霊と心で一歩一歩進ませて頂きましょう! 4月もよろしくお願い致します!   4月2日(日) 10:30 愛のスペシャル礼拝  聖餐式 16:30 ゴスペルタイム     4月6日(木) 13:30  第34回「がん哲学外来 メディカル・カフェ@よどばし」 講師:順天堂大学 樋野興夫   

「がん哲学外来 メディカル・カフェ@よどばし」 ブログ

毎回の様子がこのページでご覧いただけます! 2014年7月6日(日) 待望の「がん哲学外来 メディカル・カフェ@よどばし」がスタートしました! 「がん哲学外来 メディカル・カフェ」という言葉にあまり聞き覚えがない方もいらっしゃるのではないでしょうか。 “一般財団法人がん哲学外来”には以下のように記されています。 ―――――――――――――――――――― 多くの人は、自分自身

愛による全面受容と心の癒しへの道(94)

峯野龍弘牧師第6章 アガペーによるフォローアップ ―神の嘉される8原則―Ⅴ、では次にアガペーによるフォローアップの第五の原則に移ってみましょう。第五番目は、「謙遜と真実をもって謝罪し、時としては深い悔い改めを表白して仕えよ」と言うことです。お互いは、アガぺーをもって全面受容し続けようと心がけます。しかし、悲しいかな心ならずも失敗してしまうこともあります。その時、このことによって心傷つき病んでいたウ

第33回「がん哲学外来 メディカル・カフェ@よどばし」

小雨の中でしたが、多くの方がご参加くださいました!今月も樋野興夫先生が駆けつけて下さり、心より感謝申し上げます!毎回初めての方も複数おられますが、月に一度のこの時を毎回すごく楽しみに来られているリピーターの方々も複数おられました。一方で、参加したくてもどうしても参加できなった方たちも複数おられましたので、お分かちさせて頂きます!        まずは、皆さんで「糸」を熱唱致しま

2017年3月のおもな予定

年度末ですね!3月もよろしくお願い致します!    3月1日(水)レント入り     3月2日(木)13:30  第33回「がん哲学外来 メディカル・カフェ@よどばし」講師:順天堂大学 樋野興夫       「病気であっても病人ではない」「30m離れた見守り」「余計なお節介ではなく、偉大なるお節介の必要性」・・・お菓子を食べながら、順天堂大学の樋野興夫医学博士か

愛による全面受容と心の癒しへの道(93)

峯野龍弘牧師 第6章 アガペーによるフォローアップ ―神の嘉される8原則― Ⅳ、さて次に第四の原則に移りましょう。第四は、「ひたすら共に身を置き、同心・同歩・同行に努める」ことです。 心傷つき病んでしまっているウルトラ良い子たちの内には、かなりの多くの子供たちが、自尊心を喪失しているばかりか、自分は見捨てられていると言ういわゆる「見捨てられ感」を強く抱いています。これは彼らの長い間に亘る

第32回「がん哲学外来 メディカル・カフェ@よどばし」

毎回がスペシャルですが、今回も非常に恵まれました!雨が降る中でしたが、会場は満席でした。初めての方もリピーターの方も多数でしたが、今日という日に不思議にこの場所に集まった私達でしたが、新たな豊かな結びつきがあちこちで生まれたようで感謝でした。しかも、今月も樋野先生をお迎えでき感謝感激でした。それぞれに、聞くべきことを聞き、見るべきものを見ることができたようです☆樋野先生が推奨する表情(チャウチ